ジンザイは福岡の教育・人事専門のコンサルタント会社。企業・団体の「人財創造」のご支援。

ジンザイは社員の行動変革を促し「人財創造」をご支援いたします。
OJTの仕組み
OJTの仕組み
  • 教師は先輩。教材は仕事
    • 1業務1枚にまとめた業務マニュアルを活用し、トレーナーの育成から、そのトレーナーがマン・ツー・マンで【仕事の教え方4段階】にそって新人を「できるレベル」になるまで指導する一連のしくみです。

      職場内で業務をしながら計画的に訓練することによって、新人が早期に、戦力となり着実な成果をあげることができます。
      OJT訓練
  • 基礎調査
    • 今後求める「人材像」
    • 「人事戦略」確認とまとめ
    入社オリエンテーションマニュアル作成
    • 入社オリエンテーション内容
    • 入社オリエンテーション実施マニュアル作成
    部門別業務習熟体系図の作成
    • 入社から配属先で一人前になるためにはどんな業務があるのか、またどれくらいの期間でどんな業務ができるようになれば良いかが一目でわかります。
    • *例えば(電話・接客応対のイメージ)
      ←習熟期間→ 半年
      3カ月 電話の使用方法
      マニュアル通りの電話対応
      笑顔で挨拶 クレームの受付
      電話対応 接客対応 クレーム対応
      ← 業務内容 →
    部門別業務マニュアルの作成
    • 1業務ごとの「仕事のできばえ基準」や「作業手順」を明文化し、仕事を教えるためのツールとなるもの。
    • 仕事を標準化した業務マニュアルは全社のルールブックになります。また、自社のノウハウの蓄積になります。
    • *マニュアル様式のイメージ
      業務NO. 業務名:
      目的
      出来映え基準 チェックポイント
      イラスト
      イラスト
    OJT計画表の作成と指導
    • OJT計画表に基づき、トレーナーが計画的にステップごとに教えます。
    • 教える側の社員はトレーナーとしての「正しい指導方法」をまず理解します。
    • 効果的に効率的に業務マニュアルに基づいて正しい手順で教え、一つひとつの業務を確実にマスターしていただきます。
    習熟状況確認表作成
    • トレーナーが教えた結果、1業務ごとに「できるレベル」になったかどうかをチェックし、確認・評価するもので、個人ごとの習熟状況がいつでも把握できます。
    OJT訓練進め方マニュアル作成
    • トレーナー(先輩・上司)が新人をOJT指導するための手引書を作成する。
    トレーナー研修の実施
    • OJTの仕組みができても、その仕組みを運用するのは<人>です。特に、教える人(トレーナー)の人選とトレーナーがOJTの仕組みを十分に理解した上で、正しく教えるためのスキルの向上がポイントです。
    仕事の教え方4段階
    • 人材育成の基本的な考え方
    • OJTの仕組み
    • 仕事の教え方
      -役割演習-

OJTの仕組みで見えてくる
    • 仕事を通じ計画的に訓練することで部下の育成に必要な能力を伸ばすとともに、管理監督者の育成責任意欲が向上します。
    • 職務遂行能力を高め、本人の特性を伸ばすことにより仕事の充実感が得られるため、職場の活性化につながります。
    • 仕事そのものが教材であるため、実務に直結した指導ができ、無駄がありません。
    • 職場内で上司がわずかな時間でポイントをついた指導ができ、お金をかけずに効果が上がります。
    • 誰が行っても同じようにできる仕事の標準化は、利益を生むために必要な大切な会社のしくみです。
    • 習熟レベルに応じて、評価・賃金に反映することができます。


▲PAGE TOP





教育・人事・採用でお困りの方-お問合せ