ホーム勉強会 > ドラッカー・ミニ講座

講座の目的

イノベーション創造の経営New!
〜ドラッカー流マネジメントの実践導入法〜 

今回のテーマ「イノベーション創造の経営」(2.5時間/回、6回シリーズ)。
現代では、イノベーションは画期的な技術やテクノロジーの開発からは生まれにくい。既存の情報や現在起こっている現象をとらえて、新しく組直し、新商品・サービスや新システムなどを創り出さなければなりません。

本講座では、膨大なドラッカー流マネジメント体系の中から「イノベーション=経営革新」にテーマを絞り、社長が、限られた経営資源、限られた時間の中で指揮を執り、絶え間なく新商品・新事業の戦略を成功に導く、リーダーシップと経営実務を実践的に学びます。

毎回、ドラッカー博士公認コンサルタント「国永秀男」氏のCD視聴後、実践的なワークシートを活用しながら、自社の《イノベーションの機会》を見つける一助としていただきます。
その他、今後「5つの質問」、「経営者の仕事」も開催いたします。

講座概要

内容 【第1回】
ドラッカー流マネジメントの神髄
【第2回】
新事業・新商品を成功させる「イノベーション経営の実務」
【第3回】
《体系的廃棄の実践》捨て去ることが次の成長をつくる
【第4回】
《イノベーション7つの機会》思いのままに繁栄を引き込む視点
【第5回】
企業家精神のためのマネジメント
【第6回】
イノベーションのために成すべきこと

〔推薦図書〕
イノベーションと企業家精神〔上・下〕(P.F.ドラッカー著、ダイヤモンド社)
スケジュール 2016年2月24日(水)3月9日・23日(水)、4月13日・27日(水))、5月18日(水)
【毎回水曜日、9:30〜12:00 計6回】

注)万一、スケジュールが合わない場合、別途、1回に限り無料にて個別フォローいたします
会場 弊社会議室
福岡市博多区博多駅東1-10-35 CLUB博多駅東オフイスビル 2F
(旧:七福ビル2F )»地図
TEL: 092-482-0328
対象 中小企業経営者または後継者、経営幹部   
進め方 前回の振返り+CD視聴+解説+討議・実習(ワークシート作成)
定員 6名 ※受付は先着順とし、定員になり次第締め切らせて頂きます。
受講料(税込) 30,000円(税込み)/全6回 
*同講座に2回以上参加の方は10%OFF
お申込方法 1. 申込フォームにご希望コースおよび必要事項をご記入頂き、送信してください。
2. お申し込み受付後、詳細のご案内と請求書をご郵送いたしますので、指定期日迄に受講料をお振込みください。
3. 受講料のご入金をいただいた時点でお申し込み受付完了となります。(※受講料は、納入後原則として返還できませんので、ご了承ください。)
4.万一、途中、やむを得ぬ事情で参加できなくなった場合は、別途、代替日を調整の上、個別にフォローいたします。
過去の参加企業 (株)リフォーム三光サービス/(株)ケンショー/(株)南王/(株)アークビルド/(株)創美/吉原哲也税理士事務所/(有)こだま商事/トマト建設(株)/(有)筑紫印刷/(株)福岡ビル開発/(株)イワタダイナース/(有)福岡コミュニケーションセンター/渇h住産業/マイクロコート梶@/潟Aドライズ他
参加者アンケート

【5つの質問】
トマト建設(株) 富永社長

「顧客視点で考えることが良く出来た」、「『自分の仕事は何なのか?』『何のためか?』などを知ることが出来た」

(株)アークビルド 坂口社長

「いい意味での迷いが生じた」、「特に、《成果》を考えるようになった」

(株)南王 永野社長

「各項目について息子(後継者)と考えて行きたい。特に、使命について」、「自社の強み、顧客の希望等、改めて考え直す機会が持てて良かった」

(有)筑紫印刷 高橋社長

「顧客視点で自社の価値を考えるようになった」、「顧客にとっての価値と自社が思う価値にズレがあることを認識できた」


【経営者の仕事】(2012年5〜7月)
潟潟tォーム三光サービス 宮崎社長
社長の仕事がはっきりした。
ワークシートのお陰で経営計画書が作れそうです。来期の方針発表の際に利用します。

潟Pンショー 恒吉社長
経営者としての自分の未熟さを痛感するとともに、今後のやるべきことが理解できた。また、毎回宿題があり、次の開催日にその宿題を各自が発表し議論しあうことにより、前回のふり返りができた。

IT企業 後継者
自分自身の経営者(リーダー)としての至らなさを実感できた。定期的に研修内容を振り返ることで、常に、「経営者とは?リーダーとは?」と問い続けることで理想に近づけたい。
また、境遇が似ている人が多く、且つ、少人数のため受身になることがなかった。

屋上緑化事業会社 後継者
経営者として、リーダーとしてのあり方、考え方、経営資源の配分法などを学んだ。また、他のセミナーと違ってよかった点は、的確で簡潔な話ができる講師と資料である。

参加申込

上に戻る